健康・医療 老後・介護

高齢者肺炎球菌予防接種(60から64歳の方)

文京区

情報更新日:2018年4月1日No.131042-000169

0


費用負担があります。

高齢者肺炎球菌予防接種を受けることができます。

実施日・実施期間

■実施期間
平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

対象となる方

■対象者
接種日に文京区に住民登録のある方で、次の(1)または(2)に該当する方。

(1)平成30年度に以下の年齢となる方で、接種を希望される方
65歳:昭和28年4月2日生まれ~昭和29年4月1日生まれ
70歳:昭和23年4月2日生まれ~昭和24年4月1日生まれ
75歳:昭和18年4月2日生まれ~昭和19年4月1日生まれ
80歳:昭和13年4月2日生まれ~昭和14年4月1日生まれ
85歳:昭和8年4月2日生まれ~昭和9年4月1日生まれ
90歳:昭和3年4月2日生まれ~昭和4年4月1日生まれ
95歳:大正12年4月2日生まれ~大正13年4月1日生まれ
100歳:大正7年4月2日生まれ~大正8年4月1日生まれ

対象の年齢で、過去に文京区の費用助成を受けたことのない方には、3月末に個別に予診票を発送しています。

(2)満60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓、呼吸器の機能、または、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に重い病気のある方(身体障害者手帳1級)で、接種を希望される方
(現在59歳の方は、60歳の誕生日の前日から接種できます。)
予診票の交付にあたっては、身体障害者手帳を確認させていただきますので、予防対策課または保健サービスセンター本郷支所までご連絡ください。

※既に23価肺炎球菌を接種したことがある方は対象外です。
※予防接種法に基づく定期予防接種の対象となるのは、生涯一度限りです。今年度対象となる方は、来年度以降、定期予防接種として接種することはできませんのでご注意ください。

受けられるサービス

■接種費用
予防接種を受けた医療機関窓口に4,000円をお支払ください。
※接種時に、生活保護世帯の方は保護証明書、中国在留邦人等の支援世帯の方は支援給付証明書を持参すれば自己負担が免除されます。保護証明書は区役所9階の生活福祉課で発行します。
※脾摘患者の方、無脾症の方は健康保険の対象となります。
※公害医療手帳をお持ちの方は、無料で接種することができます。
該当の方は、医師(医療機関)にご相談ください。

場所・会場

文京区内指定医療機関で実施します。(指定医療機関一覧へ)

届出・申請の方法

■接種方法
文京区内指定医療機関で実施します。 (指定医療機関一覧へ)
医療機関に事前にお問い合わせの上、受けてください。
なお、東京23区内であれば各区の契約医療機関でも受けることができます。
詳細は、各区の予防接種窓口または、医療機関へお問い合わせください。

今年度対象となる方には「平成30年度定期高齢者用肺炎球菌予防接種予診票」を個別送付しています。
新たに文京区に転入された方は、下記の問い合わせ先までご連絡ください。

予防接種当日に予診票の医師記入欄を除く質問事項に回答し、接種医療機関へお持ちください。
※事前の申請が必要です。

申請窓口・問合せ先

〒112-8555東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター8階南側
予防対策課感染症係
電話番号:03-5803-1834
FAX:03-5803-1355

(平成30年4月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう