子育て・教育 健康・医療

自立支援医療(育成医療)

文京区

情報更新日:2016年3月31日No.131042-000007

0


費用負担があります。

18歳未満の児童で、身体上の障害があるか、または、現在の病気を放置すると障害を残すと認められる方に医療の給付をします。

対象となる方

1.入院手術により確実な治療効果が期待できるもの。ただし、肢体不自由で理学療法や補装具による治療、言語機能障害で唇顎口蓋裂に起因する歯科矯正等による通院等は認めます。

2.指定育成医療機関での入院・通院であること。

3.特別区民税所得割額が23万5千円以上の方は対象外です。
(住民税の決定通知書、それがない場合は課税証明書でご確認ください。申請の際も必要です。ただし、税制改正により23万5千円以上の場合でも、扶養人数によっては対象となる場合がありますので、詳細については健康推進課までお問い合わせください。)
ただし、高額治療継続(重度かつ継続)の方を除きます。

※高額治療継続者の範囲
腎臓、小腸、心臓(心臓移植後の抗免疫療法に限る)、肝臓(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)、免疫の機能障害または直近1年以内に高額医療3回以上該当の方。

受けられるサービス

医療の給付をします。

届出・申請の方法

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)の施行により、平成28年から育成医療の申請に個人番号の記入が必要となりました。

1.育成医療申請書
2.育成医療意見書
3.世帯調書
4.住民税の通知書または住民税課税証明書
(1)社会保険加入の方は被保険者本人のもの。
(2)国民健康保険(国保組合も含む)加入の方は世帯全員の方のもの。
※4~6月申請の方は前年度のもの、7月以降申請の方は当年度のものが必要です。

5.保険証の写し
(1)社会保険加入の方は被保険者本人と受診するお子さんのもの
(2)国民健康保険(国保組合も含む)加入の方は世帯全員のもの

6.個人番号確認書類
個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票など、
申請される方(保護者)と医療を受ける方(お子様)の分が必要です。

7.申請される方(保護者)の本人確認書類
公的機関が発行した顔写真つきのもの。
運転免許証、パスポート、在留カードなど。

※個人番号の記入ができない場合でも空欄のままで申請ができます。
※1~3(複写用紙含む)は、健康推進課の窓口にあります。詳細は下記までお問い合わせください。
※初めてご申請いただく際には、保健師による面談があります。
※事前の申請が必要です。

申請窓口・問合せ先

〒112-8555東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター8階南側
健康推進課保健係
電話番号:03-5803-1229
FAX:03-5803-1355

(平成28年3月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう