住まい・引っ越し

居住安定支援家賃助成

千代田区

情報更新日:2015年9月24日No.131016-000100

0

必ず賃貸借契約の締結・更新の前に手続きを行ってください。

千代田区内に引き続き2年以上居住する高齢者世帯・障害者世帯・ひとり親世帯が、取り壊し等により転居を余儀なくされた場合や、やむを得ない事由により世帯の所得が著しく減少した場合、または安全上・衛生上劣悪な状態の住宅に居住している場合に、家賃等の一部を助成することで、円滑な転居や区内における居住の安定を支援する制度です。

対象となる方

■対象世帯
下記の【A】・【B】・【C】のすべての要件を満たす世帯が対象です。

【A】次の(ア)~(ウ)いずれかの世帯である
 (ア)高齢者世帯
  65歳以上の単身世帯、または65歳以上の方を含み60歳以上の方だけで構成されている世帯
 (イ)障害者世帯
  身体障害者手帳4級以上、愛の手帳4度以上、精神障害者保険福祉手帳3級以上のいずれかの手帳の交付を受けた者を含む世帯
 (ウ)ひとり親世帯
  18歳以下の子と同居し扶養しているひとり親世帯・DV(家庭内暴力)被害者世帯

【B】次の(1)~(3)のいずれかの事由に該当する
 (1)取壊し等に伴い居住している住宅から1年以内に退去することを求められている
 (2)安全上・衛生上劣悪な状態の民間賃貸住宅に居住している(助成は転居一時金助成・火災保険料助成のみ)
 (3)失職等のやむを得ない事由により世帯の所得が著しく減少した

【C】次の条件すべてに該当する
 ・千代田区内に引き続き2年以上居住し、住民登録している
 ・世帯の所得が、【B】(1)(2)に該当する場合は月額20万円以下、【B】(3)に該当する場合は月額10万4千円以下である。
 ・同居する者全員が、住民税を滞納していない。
 ・生活保護を受給していない。

受けられるサービス

■助成内容
各助成金は、当該費用の支払い状況を確認後の後払いにより支給します。

(1)家賃助成
家賃等を基準にした計算により算出した額(月額5万円まで)(最長5年間)

(2)転居一時金助成
礼金(権利金)及び仲介手数料の合算額(家賃基準額または実際の家賃のうち、少ない方の3か月分まで)

(3)契約更新助成
賃貸借契約の更新のために支出した更新料の額(家賃基準額の1か月分まで)

(4)火災保険料助成
加入した火災保険の保険料相当額(7,500円まで)

届出・申請の方法

■申請方法

【1】住み替えや契約をする前の手続き(下記の書類をご提出ください)
 (1)住み替え相談申込書(区所定用紙)
 (2)住民票(続柄必要)
 (3)申請理由を証明できる書類(立退き要求確認書、住宅状況調査票など)
 (4)所得課税証明書
 (5)納税証明書
 (6)その他(障害者手帳、DV被害者であることがわかる書類など)

【2】住み替えや契約をした後の手続き(下記の書類をご提出ください)
 (1)助成申請書(区所定用紙)
 (2)同意書(区所定用紙)
 (3)転居後の住民票(続柄必要)
 (4)賃貸借契約書
 (5)契約金に関する領収書(礼金や仲介手数料、火災保険料等の領収書)

申請窓口・問合せ先

環境まちづくり部住宅課住宅管理係
〒102-8688 東京都千代田区九段南1-2-1
電話番号:03-5211-3607
ファクス:03-3264-4792
メールアドレス:juutaku@city.chiyoda.lg.jp

(平成27年9月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう