健康・医療

未熟児養育医療について

江戸川区

情報更新日:2017年3月1日No.131060-000007

0


無料でご利用いただけます。

この制度は、母子保健法20条の規定により、江戸川区民のお子さんで全国の指定養育医療機関に出生後そのまま入院されている未熟児(1歳未満が対象)に対して、その養育に必要な医療「養育医療」の給付を行うものです。給付が決定されますと、受給者証が交付されます。指定医療機関の窓口に受給者証と保険証を提示することにより医療の給付を受けることができます。
※なお、この制度は江戸川区が実施する乳幼児医療費助成制度に優先して適用されます。

対象となる方

下記のいずれかの症状のある未熟児で全国の指定養育医療機関の医師が入院養育を必要と認めたものとなります。

・出生体重が2,000グラム以下のもの
・出生体重が2,000グラムを超えるもので生活力が特に弱く、一定の症状を示すもの

受けられるサービス

医療費(健康保険適用分)の自己負担額のうち、一部を所得額に応じて負担していただきます。
ただし、江戸川区では自己負担相当額を乳幼児医療費助成制度(小学校就学前乳幼児の医療費の助成)により支払います。このため直接申請者からは徴収していません。

申請に必要な書類

・養育医療給付申請書(保護者が記入)
・養育医療意見書(主治医が記入)
・世帯調書(同じ住民票に載っている方全員)
・同意書(税務情報について、区民税の担当課から提供を受ける事の同意)
・委任状(自己負担額にかかわる、乳幼児医療費助成の請求及び受領に関する委任)
・所得税額等証明書(所得税が課せられている方全員の証明書(前年度分))
・印鑑・健康保険証・本人確認書類(確認のため必ずお持ちください)

注釈1:所得税額等証明書は源泉徴収票または確定申告の写し(税務署受け付け印のあるもの)
注釈2:所得税が0円の方は、住民税の課税(非課税)証明書が必要です。また、確定申告・源泉徴収票で配偶者控除がない場合は、その配偶者の源泉徴収票または課税(非課税)証明書が必要です。
注釈3:江戸川区外で生活保護を受けている方はその証明が必要です。

・申請に必要な書類は、各健康サポートセンターで配布しています。

申請窓口・問合せ先

健康部(江戸川保健所)健康サービス課

(平成29年3月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう