子育て・教育

訪問型保育事業

葛飾区

情報更新日:2018年4月20日No.131059-000154

0

自宅等に保育士等が訪問して児童の保育を行う事業です。訪問型病後児保育と訪問型緊急一時保育があります。平成26年度から、実施施設が3か所に増え、これまで以上に訪問型保育が利用しやすくなりました。

実施日・実施期間

■利用日及び利用時間

利用日:月曜日から金曜日まで(祝日及び年末年始を除く)
利用時間:午前8時から午後6時まで

対象となる方

■訪問型病後児保育
葛飾区内在住の病気の回復期にあり、集団保育が困難な0歳から就学前までの児童

【病気の回復期とは、以下の場合をいいます。】

・感染症などの後で、体力の低下などで集団生活に不安がある時
・元気だが与薬の複雑な時
・けが、腫れ物等で平常保育が難しい時
・嘔吐、下痢の後で食事の配慮が必要な時

(注釈)主治医等に「葛飾区病児・病後児保育診療情報提供書」により回復期である旨を記入してもらう必要があります。治療中の場合はご利用できません。

■訪問型緊急一時保育

区内在住で0歳から就学前までの健康な児童で、保護者が1.傷病又は出産2.親族等の看護又は介護3.災害・事故復旧活動に従事すること等により家庭における保育が困難なため、緊急、一時的に保育が必要となる児童。

受けられるサービス

訪問型保育事業を実施しています。

■利用料
児童1人の場合:1時間800円
2人目以降:1時間500円

利用時間に1時間未満の端数がある場合の端数分は、1時間の利用とみなします。

利用料には減額・免除の制度があります。

・生活保護法による被保護世帯、児童福祉法に規定する里親世帯、前年度分(※)特別区民税非課税世帯は、利用料を免除します。
・前年度(※)特別区民税のうち均等割りのみ課税の世帯、同区民税所得割額が15,000円未満の世帯は利用料の2分の1を減額します。

減額・免除にあたっては、別途申請と生活保護受給証明書、里親であることが証明できる書類の写し、特別区民税(非)課税証明書等、証明書類の提出が必要になります。

場所・会場

■保育場所

原則、利用者の居宅

届出・申請の方法

■申し込み方法

1.まずはお電話で、お住まいの地域の担当保育園へお問い合わせください。
2.事前に、保育園に登録が必要です。利用登録を済ませてください。
3.お子さんの状況を伺うために、登録時に簡単な面接を行います。
4.利用希望の申込みを、利用する日の前日までに電話等でしてください。

(注釈1)利用の申込みをして、やむを得ない事情により利用の取消しをする場合は、前日の午後6時までに保育園に直接連絡してください。
(注釈2)利用当日のキャンセルは、キャンセル料がかかります。

■実施保育園
【さかえ保育園】
電話番号:03-3608-4597
担当地域:水元、西水元、東水元、南水元及び新宿

【金町保育園】
電話番号:03-3607-0889
担当地域:金町、東金町、柴又、高砂(高砂一丁目を除く。)、鎌倉、細田(細田二丁目を除く。)及び奥戸九丁目

【本田こひつじ保育園】
電話番号:070-6470‐7085 (訪問型直通)
担当地域:上記以外の地域
※事前の申請が必要です。

申請窓口・問合せ先

子育て支援課子育て支援係
〒124-8555 葛飾区立石5-13-1 葛飾区役所4階 401番子育て支援窓口
電話:03-5654-8297 ファクス:03-5698-1533

(平成30年4月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう