健康・医療

大気汚染医療費助成制度

足立区

情報更新日:2017年5月11日No.131058-000058

0

■制度の案内
大気汚染の影響を受けたと推定される対象疾病にかかった方へ、東京都が医療費を助成する制度です。

対象となる方

■対象者
下記の要件をすべて満たしている方

1.上記疾病にかかっている方
2.東京都内に引き続き1年(3歳未満は6か月)以上住所を有する方
3.健康保険(国民健康保険、社会保険、共済組合などの医療保険)に加入している方
4.申請日以降喫煙しない方
※国民健康保険の加入が必要です。

対象年齢

■対象年齢
18歳未満

受けられるサービス

■助成内容
医療券の有効期間内に、医療券に記載された対象疾病の治療に要した医療費のうち、健康保険を適用した後の自己負担額について助成が受けられます(保険薬局での調剤、訪問看護を含む)。他の法令等の既定により給付が行なわれる場合は、その額を控除した後の自己負担額が助成されます。

下記の費用については、助成の対象となりません。

・医療券に記載されていない病名の医療費(風邪、インフルエンザ、肺炎、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など)
・入院時の食事療養標準負担額または生活療養標準負担額
・保険診療以外の費用(差額ベッド代、個室料など)
・吸入器購入及びレンタル費用
・「主治医診療報告書」の作成費用(文書作成料)及び検査費用
・「医療費支給申請書兼口座振替依頼書」に証明を受けるときにかかる費用

届出・申請の方法

■申請方法等
上記の申請に必要な書類を揃え、衛生管理課公害保健係の窓口に提出していただくか、郵送してください。

新規で認定された場合、助成の有効期間開始日は衛生管理課公害保健係で受け付けをした日からとなります。郵送の場合は、不備の無い書類が衛生管理課公害保健係に到着した日が有効期間開始日となります。

申請時期により、医療券をお届けするまで2か月ほどかかる場合がありますので、ご了承ください。また、記入漏れや書類不足等があった場合は、訂正後の書類が届いた日(郵送の場合は到着した日)が、有効期間開始日となりますのでご注意ください。
※事前の申請が必要です。

申請に必要な書類

■申請に必要な書類等
新規申請に必要な書類は、衛生管理課公害保健係で配布しています(場所につきましては下記の関連情報のリンクをご参照ください)。

また来庁が困難な場合は、郵送でもお送りしますのでお問い合わせください。

1.認定申請書(記載から1か月以内)(必須)
2.主治医診療報告書(発行から3か月以内)(必須)
3.健康保険証(高齢受給者証をお持ちの方は両方必要)(必須)
4.胸部エックス線フィルム(気管支ぜん息の場合は不要)
5.健康・生活環境に関する質問票(任意)※足立区に転入後1年未満の方は、別に前住所地の住民票(除票)が必要になります。
※郵送で申請する場合は健康保険証の写し、高齢受給者証の写しを同封してください。
※気管支ぜん息の方でも認定審査会にてエックス線フィルムの確認が必要と判断された場合は、後日提出していただきます。
※更新申請の場合は、医療券有効期間満了のおよそ2か月前に更新のお知らせをお送りします。

申請窓口・問合せ先

衛生部衛生管理課公害保健係(区役所南館2階2番窓口)
電話番号:03-3880-5893(直通)
ファクス:03-3880-5602
Eメール:e-kanri@city.adachi.tokyo.jp

(平成29年5月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう