子育て・教育

私立幼稚園保護者補助金

板橋区

情報更新日:2018年3月19日No.131056-000034

1

私立幼稚園保護者補助金(子ども・子育て支援新制度へ移行しない幼稚園)

※平成29年度補助金の申請受付は、終了しました。
※平成30年4月入園の方は、入園後(平成30年6月中旬頃)に区内私立幼稚園を通じて申請書を配布します。
※平成30年度の内容については、6月上旬に更新予定です。

対象となる方

■補助対象者
補助金の対象者は、以下をすべて満たしている方です。
(1)板橋区に住民登録があること。
(2)3・4・5歳児(満3歳児を含む)を子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園等に就園させ、保育料・入園料を納めていること。
(3)平成29年度の区市町村民税の申告を行い、補助金申請に必要な書類を申請期限(平成30年3月15日)までに提出していること。

■補助金判定方法の留意点
・保護者のうち複数の方に所得がある場合は、税額を合算します。また、単身赴任の保護者がある場合や、園児が両親以外の親族(例えば祖父母など)に扶養されている場合などは、その方の税額も合計して判定します。
・保護者のどちらかが専従者控除を受けている場合は、専従者の税額も合算して判定します。
・補助対象となる園児に認可幼稚園・認可保育所・認定こども園に在籍している兄姉がいる場合、特別支援学校の幼稚部、児童心理治癒施設に入所、又は児童発達支援及び医療型児童発達支援を利用している就学前児童の兄姉がいる場合および特例保育、家庭的保育事業等による保育を受ける就学前児童の兄姉がいる場合、対象園児は第2子・第3子以降の算定となります。

<子どもの数え方>
・別添ファイル「平成29年度私立幼稚園保護者補助金補助対象区分一覧」の第3区分まで(兄・姉の年齢制限なし)
補助対象となる園児の世帯内の兄・姉がいる場合、兄・姉を第1子とし、園児は第2子と数えます。また、兄・姉が2人以上の場合、園児は第3子以降と数えます。兄、姉の年齢制限はありません。ただし、同一生計の者に限ります。
・別添ファイル「平成29年度私立幼稚園保護者補助金補助対象区分一覧」の第4区分以降(兄・姉は小学校3年生以下)
補助対象となる園児の世帯内に小学校3年生までの兄・姉がいる場合、小学校3年生までの兄・姉を第1子とみなし、園児は第2子と数えます。小学校4年生以上の兄、姉は、含みません。

受けられるサービス

■補助金の種類

(1)私立幼稚園等入園料補助金 
 入園した年度に、一律40,000円を交付します(ただし、負担した入園料が40,000円に満たない場合は、負担した額を限度とします)。支給時期は9月上旬です。
(2)私立幼稚園就園奨励費補助金
 私立幼稚園に支払った保育料・入園料のうち、就園奨励費補助金制度に基づき世帯の所得状況に応じて減免される金額を保護者に補助するものです。所得制限があり、家族構成・世帯の所得状況等(区市町村民税所得割額の合計)により補助金額に違いがあります。支給時期は年2回で、前期分は11月下旬、後期分は3月中旬となります。
(3)私立幼稚園等保護者負担軽減補助金
 保護者の保育料支払の負担を軽減するための補助金です。家族構成・世帯の所得状況等(区市町村民税所得割額の合計)により補助金額に違いがあります。支給時期は年2回で、前期分は11月下旬、後期分は3月中旬となります。

届出・申請の方法

■申請方法
補助金の申請書は、板橋区内及び近隣区の一部の幼稚園に通園の場合は、6月中旬頃に各幼稚園から申請書が配付されますので、必要事項を記入の上、幼稚園に提出してください。
なお、板橋区外の一部の幼稚園に通園の場合、区の窓口(北館6階[14]窓口)で申請をお願いします。

<ひとり親世帯等に該当される方>
ひとり親世帯等に該当される保護者の方は、申請書内「ひとり親世帯等申請」について記入してください。また、証明書類の添付が必要です。詳細は平成29年度申請書の裏面<添付資料について>をご確認ください。
なお、ひとり親世帯等とは保護者または保護者と同一世帯の方が、以下に該当する世帯です。
・生活保護法の要保護者
・配偶者のいない者で、現に児童を扶養している者
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者及び特別児童扶養手当、国民年金の障害基礎年金の受給者(在宅の者に限る。)
・要介護認定を受けている被保険者
・その他要保護世帯に準ずる程度に困窮していると認められる世帯

<婚姻歴のないひとり親家庭への寡婦(寡夫)控除等のみなし適用に該当する方>
みなし寡婦(寡夫)控除を適用される保護者の方は、申請書表面の「ひとり親に該当しますか」欄の該当に○をし、裏面「ひとり親等申請」及び「みなし寡婦(寡夫)申請」欄を記入してください。また、児童扶養手当受給の確認ができる証明書の写しを添付してください。
※事前の申請が必要です。

申請に必要な書類

補助金の申請書は、板橋区内及び近隣区の一部の幼稚園に通園の場合は、6月中旬ごろに各幼稚園から申請書が配付されますので、必要事項をご記入の上、幼稚園に提出してください。幼稚園でとりまとめて、区へ申請書が提出されます。
なお、板橋区外の一部の幼稚園に通園の場合、区の窓口(北館6階[14]窓口)で申請をお願いします。

<ひとり親世帯等に該当される方>
ひとり親世帯等に該当される保護者の方は、申請書表面の「ひとり親に該当しますか」欄の「該当」に○をし、裏面にある「ひとり親世帯等申請」について記入してください。また、証明書類の添付が必要です。詳細は平成29年度申請書の裏面<添付資料について>をご確認ください。
なお、ひとり親世帯等とは、保護者または保護者と同一世帯の方が、以下に該当する世帯です。
・生活保護法の要保護者
・配偶者のいない者で、現に児童を扶養している者
・身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた者及び特別児童扶養手当、国民年金の障害基礎年金の受給者(在宅の者に限る。)
・要介護認定を受けている被保険者
・その他要保護世帯に準ずる程度に困窮していると認められる世帯

<婚姻歴のないひとり親家庭への寡婦(寡夫)控除等のみなし適用に該当する方>
みなし寡婦(寡夫)控除を適用される保護者の方は、申請書表面の「ひとり親に該当しますか」欄の該当に○をし、裏面「ひとり親等申請」及び「みなし寡婦(寡夫)申請」欄を記入してください。また、児童扶養手当受給の確認ができる証明書の写しを添付してください。

申請窓口・問合せ先

■作成部署
〒173-8501東京都板橋区板橋二丁目66番1号
教育委員会事務局学務課
電話番号:03-3579-2611 
FAX番号:03-3579-4214

(平成30年3月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう