健康・医療

国民健康保険特定保健指導

豊島区

情報更新日:2018年4月26日No.131053-000167

0


無料でご利用いただけます。

国民健康保険加入のかたの特定保健指導は区が実施しています

メタボリックシンドロームのリスクに応じて、生活習慣を見直していただく特定保健指導を実施しています。特定健診の結果、受診者を3つのグループに分け(情報提供レベル・動機づけ支援レベル・積極的支援レベル)、生活習慣病の発病が疑われる「動機づけ支援レベル」と「積極的支援レベル」のかたに関しては、自らの生活習慣の改善に向けた取り組みができるように、面接や通信(電話や手紙、メール等)を取り入れた継続的な支援(特定保健指導)を行ないます。

ただし現在、糖尿病・脂質異常症・高血圧症などで、内服をしているかたは対象外です。

実施日・実施期間

■期間

特定健診結果到着後、約1か月で開始となります。対象の方には、区から案内をお送りします。

特定保健指導の開始から3か月後に評価を行ないます。

対象となる方

■対象者

対象者については国で基準が定められています。詳細は、豊島区のホームページをご参照ください。
※国民健康保険の加入が必要です。

受けられるサービス

■内容

保健師や管理栄養士など専門スタッフが特定保健指導を実施します。生活習慣を改善するために、具体的に自分でできる食事や運動の行動目標を設定し、日常実施したことを記録したダイアリーなどをもとに専門スタッフのアドバイスを受けます。面接や通信(電話や手紙、メールなど)、グループ学習、土曜日や夜間のコースなど利用しやすい特定保健指導の方法を選択できます。

特定保健指導開始から6か月後に、生活習慣が改善されているかどうかの評価を行います。最終的には、指導期間が終了しても、自ら継続できるようになることが目標です。生活習慣病の前段階であるメタボリックシンドロームの予防と改善を心掛けましょう。

■費用

無料

場所・会場

■特定保健指導を担当する事業者・場所

下記の特定保健指導事業者に委託します。

【医療法人財団豊島健康診査センター】
 担当地域:区内全域
 実施場所:豊島健康診査センター、要町第一区民集会室

届出・申請の方法

■実施までの流れ

特定保健指導の対象となったかたには、区より特定保健指導の案内(利用券・ご案内・事業者パンフレット等)が届きます。特定保健指導を希望されない場合には、区へご連絡ください。

特定保健指導の希望日時を決め、事業者(豊島健康診査センター)へ連絡します(郵送またはインターネット申し込み)。事業者から対象者に電話、メール又は郵送での連絡が入ります。その後、生活習慣を見直すための面接や通信(電話や手紙、メールなど)による特定保健指導を実施します。土曜日や夜間のコースも設定しています。
※事前の申請が必要です。

申請窓口・問合せ先

保健福祉部地域保健課

(平成30年4月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう