老後・介護

中央区生活援助サービス等(ホームヘルプサービス)

中央区

情報更新日:2018年4月4日No.131024-000106

0

概ね65歳以上で、要支援・要介護と認定され、介護保険サービスを利用しても自立した日常生活を営むことが困難な方に、在宅生活での自立促進と負担軽減を図ることを目的に、生活援助サービスと院内介助サービスを提供します。

実施日・実施期間

■サービス利用時間等
「生活援助サービス」
午前8時から午後6時まで
週4回まで(上限は時間数ではなく利用回数です)

「院内介助サービス」
午前8時から午後6時まで
週4時間まで

■利用期間
利用の決定を受けた日から最初の7月末日まで(最長で8月から翌年の7月まで)
引き続き利用する場合には、更新の手続が必要になります。

対象となる方

中央区に住民登録があり、要介護認定を受けて「要介護」「要支援」と認定され、原則として次の1から3の要件全てに該当する方。

1.申請月の居宅サービス計画において、限度額を超えてサービスを利用している方
2.介護保険料の滞納がない方
3.下記アからオのいずれかの状態にある方
 ア.ひとり暮らし又は日中独居で、何らかの身体的又は精神的障害があり、日常生活に支障がある
 イ.高齢者のみの世帯で、介護者が虚弱等により介護が困難な状態にあり、日常生活に支障がある
 ウ.ひとり暮らし又は高齢者のみの世帯で、退院直後で身体機能の低下をきたしているため、一時的に日常生活に支障がある
 エ.介護者が病気加療中又は他の家族の介護にあたっているため、日常生活に支障がある
 オ.アからエまでの状態に準ずるものとして区長が認める状態である

受けられるサービス

■サービス提供内容
「生活援助サービス」
次のうちの必要なサービスを区が委託したサービス事業者が提供します。
 ・住居等の掃除、ごみ出し
 ・衣類等の洗濯、乾燥、洗濯物の取り入れ
 ・ベッドメイク、シーツ交換
 ・衣類等の整理整頓、補修
 ・調理、配下膳
 ・日常品等の買物、薬の受け取りなど医療機関との連絡
 ・その他必要な家事

「院内介助サービス」
 医療機関受診時の院内での待ち時間における付き添い

■費用負担
このサービスを受ける場合は、生活保護等を受けている場合を除き、世帯の所得に応じて1回につき下表に定める費用負担をしていただきます。
この負担額は、サービス提供事業者に直接お支払いください。

負担額の一覧は、中央区のホームページをご参照ください。

届出・申請の方法

担当のケアマネジャーにご相談のうえ、申請してください。
※事前の申請が必要です。

申請に必要な書類

【申請書類等】
1.「生活援助サービス等申請書」
2.介護保険の「居宅サービス計画1表~3表」「サービス利用票」「サービス利用別表」の写し
3.費用負担の減免・免除区分(非課税及び生活保護世帯等)に該当する方は、あわせて「生活援助サービス等利用者負担減免申請書」も提出願います。

申請窓口・問合せ先

介護保険課事業者支援給付係
電話:03-3546-5377

(平成30年4月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう