健康・医療

石綿(アスベスト)による健康被害について

渋谷区

情報更新日:2018年1月30日No.131050-000112

0

平成18年3月27日から、「石綿による健康被害の救済に関する法律」に基づき、石綿(アスベスト)により健康被害を 受けた人に、救済給付が支給されることになりました。救済の認定、各種給付金の支給などは「独立行政法人環境再生保全機構」が行いますが、認定申請は保健所でも受け付けています。
なお、救済の充実を図るための医療費等の支給対象期間の拡大等を内容とする石綿救済法の改正法が、 平成20年12月1日から施行されています。指定疾病により死亡した人の遺族に対する弔慰金等も拡充されました。
また、平成22年7月1日改正政令施行により、著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺、著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚が救済対象に追加されました。
現在、石綿を原因とする指定疾病にかかっている人は、早めに認定申請をしてください。

対象となる方

■認定申請の対象となる指定疾病
石綿を吸入することにより、次の疾病にかかった人やその遺族。
ただし、労災補償の対象となる人を除きます。
・中皮腫(がんの一種)
・肺がん
・著しい呼吸機能障害を伴う石綿肺
・著しい呼吸機能障害を伴うびまん性胸膜肥厚

受けられるサービス

アスベストにより健康被害を受けた人に、救済給付が支給されます。

■特別遺族弔慰金・特別葬祭料
石綿を吸入して指定疾病にかかった人がその疾病に起因して亡くなった場合は、 死亡当時に生計を同じくしていた遺族に、特別遺族弔慰金および特別葬祭料が支給されます。
請求期限は指定疾病や死亡時期、認定を受けていたかどうかにより異なります。
詳しい内容や必要書類などは、独立行政法人環境再生保全機構に問い合わせてください。
独立行政法人環境再生保全機構
電話:0120-389-931(フリーダイヤル)

届出・申請の方法

■申請方法
区役所仮庁舎第三庁舎1階中央保健相談所保健予防係(公害保健担当) 独立行政法人環境再生保全機構 環境省地方環境事務所のいずれかへ、必要書類を持参または郵送してください。

申請に必要な書類

■必要書類
1.認定申請書
2.申請者の住民票の写し、戸籍抄本、戸籍記載事項証明書のうちいずれか1つ(外国人の場合は旅券、住民票、その他身分を証する書類の写しのうちいずれか1つ)
3.認定申請に係る疾病についての医師の診断書その他資料(指定様式あり)
4.その他診断の根拠となった検査結果

(注)認定申請書、指定様式のある書類などは各申請先で配付しているほか、 独立行政法人環境再生保全機構の各種様式(雛形)のページから印刷することができます。

申請窓口・問合せ先

中央保健相談所保健予防係(公害保健担当)(電話:03-3463-2433)

(平成30年1月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう