子育て・教育

認証保育所の保育料の補助

世田谷区

情報更新日:2017年6月16日No.131049-000025

0

東京都の認証保育所を利用した世帯の保育料の負担を軽減するため、保育料の補助をいたします。
(注意)
年度ごとに申請が必要です。平成28年度に申請され、補助の対象となった方も改めて申請してください。

対象となる方

1.補助金を受けられる方
下記項目の全てに該当する方です。
・当該月の初日に区内在住であること(世田谷区内で生活している方)。
・平成29年度内(平成29年4月1日~平成30年3月31日)に東京都が認証する認証保育所と月160時間以上の月極利用契約を結び、お子さんを預けていること。
(注意)一時保育、月160時間未満の月極契約でご利用いただいている方は、この補助金の対象とはなりません。
・区の定めた保育料算定区市町村民税所得割課税対象額を超えていないこと。
・月極契約保育料を納入していること。

(補足)
生活保護世帯の方は保育認定・調整課へご相談ください。
(注意)
実際に支払った認証保育所の保育料が対象です。延長保育料(時間外受託料金)等は含みません。

受けられるサービス

2.補助金額について
補助金額は、それぞれの世帯における平成28年中(1月~12月)の保育料算定区市町村民税所得割課税対象額により決定します。
補助金額(月額)は、下記表の金額です。

補助金額(月額)
■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
生活保護世帯
課税対象額0円の世帯
/補助金額:40,000円

■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
~2,470,000円未満の世帯
/補助金額:30,000円

■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
2,470,000円以上3,445,000円未満の世帯
/補助金額:25,000円

■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
3,445,000円以上4,158,000円未満の世帯
/補助金額:15,000円

■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
4,158,000円以上4,908,000円未満の世帯
/補助金額:10,000円

■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
4,908,000円以上9,500,000円未満の世帯
/補助金額:5,000円

■平成28年分保育料算定区市町村民税所得割課税対象額:
9,500,000円以上の世帯
/補助金額:0円

(注意)
途中入退園等の理由により、保育料が日割り計算等により減額されている場合は、減額前の保育料と比較した
自己負担額との差額が補助金額となります。

届出・申請の方法

申請に必要な書類(下記参照)を、平成29年度内(平成29年3月30日まで)に1回提出してください。

(1)申請に必要な書類
1・2の用紙は認証保育所よりお渡しします。
1.補助金交付申請書兼口座振替依頼書
2.家族状況届出書

ただし、次の方は上記1・2のほかに次の書類の提出が必要です。
・平成29年1月1日現在世田谷区に住民登録がなかった方
⇒平成29年度の区市町村民税額を証明することができる書類(課税標準額が分かるもの)

[例]
平成29年度 給与所得等に係る特別区民税・都民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(写)
平成29年度 特別区民税・都民税 普通徴収税額の決定・納税通知書(写)
平成29年度区市町村民税課税(非課税)証明書(写)
(注意)源泉徴収票及び確定申告書では算定できません。

・平成28年中の所得が低いか所得がない方で所得税確定申告などの必要がない方
⇒所得がないことを証明することができる書類(写し可)[例 区市町村民税課税(非課税)証明書など]
(注意)ただし、生計同一者の扶養親族として届け出ている場合は不要
・平成28年中に日本以外の国に滞在していた方
⇒当該国での所得(平成28年分)に関する証明書及び証明書の和訳
・みなし寡婦(寡夫)に該当する方
⇒みなし寡婦(寡夫)控除申請書及び児童扶養手当証書の写し

(2)申請の時期

ご案内や申請に必要な書類は、入所後、申請時期になりましたら、認証保育所を通して配布いたします。
申請書がお手元に届きましたら、年度内1回、次の時期のいずれかに申請してください。
・第1回 平成29年7月3日(月曜日)まで
・第2回 平成29年10月2日(月曜日)まで
・第3回 平成30年1月5日(金曜日)まで
・第4回 平成30年3月30日(金曜日)まで(最終締切・3月31日が土曜日となっているため、3月30日(金)が締切となっています。)

・直接お持ちいただく場合は、平成30年3月30日(金曜日)の午後5時15分までにご来庁くださるようお願いします。
・受付時間中に窓口までお持ちいただくほか、郵送での受付もいたします。
 (郵送の場合、各回提出期限の消印まで有効として扱います。)
・第1回~3回について、各回提出期限日以降に受け付けた申請は次回の審査対象となります。ご了承ください。
・第4回(最終締切)の提出期限日までに書類の提出(到着)がなかった場合は、郵便事情その他の理由に関わらず、審査対象外となり、補助金をお支払いできません。提出期限日間近の場合は、郵送を避け、受付時間中に保育認定・調整課(区役所第2庁舎22番窓口)までお持ちいただくようお願いします。

(3)その他注意事項

1.申請後に振込登録口座の変更をしたい場合は、最初に申請を行った方が、速やかに保育認定・調整課へ変更申出書(任意様式)を提出してください。変更申出書提出の翌審査回より口座の変更を行います(申出書提出最終締切は12月31日までとなります)。
2.家族状況の変更、住民税の修正申告等があった場合は、最初に申請を行った方が、速やかに保育認定・調整課へ変更申出書(任意様式)を提出してください。上記届け出により補助金額に変更が生じる場合は、変更申出書提出の翌月分より補助金額を変更します。(公帳簿により変更を確認し、補助金額に変更が生じる場合も同様とします。)
3.任意様式等、詳しくは保育認定・調整課までお問い合わせください。
※事前の申請が必要です。

申請に必要な書類

(1)申請に必要な書類
1・2の用紙は認証保育所よりお渡しします。
1.補助金交付申請書兼口座振替依頼書
2.家族状況届出書

ただし、次の方は上記1・2のほかに次の書類の提出が必要です。
・平成29年1月1日現在世田谷区に住民登録がなかった方
⇒平成29年度の区市町村民税額を証明することができる書類(課税標準額が分かるもの)

[例]
平成29年度 給与所得等に係る特別区民税・都民税 特別徴収税額の決定・変更通知書(写)
平成29年度 特別区民税・都民税 普通徴収税額の決定・納税通知書(写)
平成29年度区市町村民税課税(非課税)証明書(写)
(注意)源泉徴収票及び確定申告書では算定できません。

・平成28年中の所得が低いか所得がない方で所得税確定申告などの必要がない方
⇒所得がないことを証明することができる書類(写し可)[例 区市町村民税課税(非課税)証明書など]
(注意)ただし、生計同一者の扶養親族として届け出ている場合は不要
・平成28年中に日本以外の国に滞在していた方
⇒当該国での所得(平成28年分)に関する証明書及び証明書の和訳
・みなし寡婦(寡夫)に該当する方
⇒みなし寡婦(寡夫)控除申請書及び児童扶養手当証書の写し

申請窓口・問合せ先

保育認定・調整課認証保育所担当

電話番号03-5432-2324ファクシミリ03-5432-3018

(平成29年6月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう