健康・医療 生活・環境

東京都18歳未満の気管支ぜん息等医療費助成制度

大田区

情報更新日:2017年8月3日No.131048-000065

0


無料でご利用いただけます。

18歳未満で、大気汚染の影響を受けると推定される疾病にかかった方に対し、18歳の誕生月の末日まで、医療費を助成します。

対象となる方

■対象となる疾病
・気管支ぜん息
・慢性気管支炎
・ぜん息性気管支炎
・肺気しゅ
・及びこれら疾患の続発症

■対象者

以下のすべてに該当する方に限ります

(1)上記対象疾病にかかっていること
(2)18歳未満であること
(3)東京都内に引き続き1年以上住所を有していること(3歳未満は6か月)
(4)健康保険に加入していること
※国民健康保険の加入が必要です。

対象年齢

18歳未満

受けられるサービス

■医療費助成の範囲

医療券の有効期間内に、医療券に記載された疾病の治療や投薬などの医療費のうち、健康保険適用後の自己負担額について全額を助成します。(窓口での自己負担がなくなります)ただし、入院時の食事標準負担額、生活療養標準負担額は除きます。詳しくは東京都にお問い合わせください。
東京都福祉保健局健康安全部環境保健衛生課環境保健担当 電話:03-5320-4491

届出・申請の方法

■申請に必要な書類及び申請者

【申請に必要な書類】

(1)認定申請書
(2)主治医診療報告書(申請日前3か月以内に作成されたもの。更新の場合は、有効期間満了日の前、3ヶ月以内に作成されたもの)
(3)質問票
以上は、下記「申請書配布、提出先及び問い合わせ先」の窓口で配布をしています。
(4)助成を受ける方の住民票(申請日から1か月以内のもの)
  ・大田区の住民票は、本申請に使用する場合に限り、交付手数料は無料です。
  ・2か所以上の住所を通算することで都内居住が1年(3歳未満は6か月)以上となる方は、前住所地の住民票除票(じょひょう)も必要です。(住民票除票の代わりとして戸籍の附票でも可)
  ・住民票へのマイナンバー(個人番号)の記載は不要です。
(5)助成を受ける方の健康保険証の写し(コピー)

【申請者】

本制度は、保護者が申請者となります。保護者が申請書を記載してください。ただし、義務教育修了後、保護者の元を離れ独立して生計を営んでいる場合は、本人が申請者となることができます。

■申請書配布、提出先及び問い合わせ先
(1)大田区健康政策部健康医療政策課公害保健担当
大田区蒲田五丁目13番14号 電話:03-5744-1246 FAX:03-5744-1523
大田区役所6階、15番窓口

(2)下記施設でも申請書の配布及び提出ができます。
大森地域健康課業務係 電話:03-5764-0661 FAX:03-5764-0659
大田区大森西一丁目12番1号大森地域庁舎

調布地域健康課業務係 電話:03-3726-4145 FAX:03-3726-6331
大田区雪谷大塚町4番6号調布地域庁舎

蒲田地域健康課業務係 電話:03-5713-1701 FAX:03-5713-1509
大田区蒲田本町二丁目1番1号蒲田地域庁舎

糀谷・羽田地域健康課業務係 電話:03-3743-4161 FAX:03-6423-8838
大田区東糀谷一丁目21番15号糀谷・羽田地域庁舎
※事前の申請が必要です。

申請窓口・問合せ先

健康医療政策課
電話:03-5744-1246
FAX:03-5744-1523

(平成29年8月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう