子育て・教育 健康・医療

大気汚染医療費助成制度

品川区

情報更新日:2018年1月12日No.131046-000074

0

※制度改正により、平成30年4月より月額6000円までの自己負担が発生します。自己負担が発生するのは、生年月日が平成9年4月1日以前の方です。月額6000円を超える額は助成対象となり、当月はそれ以上の自己負担はありません。

18歳以上の方(下記対象者の要件の1.に該当しない方)の新規申請の受付は、平成27年3月31日で終了しました
現在認定を受けて医療券をお持ちの方で、生年月日が平成9年4月1日以前の方は、更新申請のみ可能です

対象となる方

■対象疾病

気管支ぜん息及びその続発症

(※18歳未満の方は慢性気管支炎、ぜん息性気管支炎、肺気しゅ及びその続発症も対象となります)

■対象者の要件

次のいずれにも該当すること

1.18歳未満の方(18歳の誕生日が属する月の末日までの間にある方を含む)

2.東京都内に引き続き1年(3歳未満は6ヶ月)以上住所を有する方

3.対象疾病にり患している方

4.健康保険等に加入している方

5.申請日以降喫煙をしない方

受けられるサービス

■認定の有効期間

1.新規
 申請書の受理日から起算して2年を経過した日以降の直近の誕生日の月末まで
 (上記期間内に満18歳に達する場合は、満18歳の誕生日の月末まで)

2.更新
 前回の認定の有効期間が満了した日の翌日から2年間
 (上記期間内に満18歳に達する場合は、満18歳の誕生日の月末まで)

■医療費助成の範囲

対象疾病の治療や投薬等の医療費で、健康保険等適用後の自己負担額のうち、月額6000円を超えた額

注)ただし、入院時の食事療養標準負担額または生活療養標準負担額を除く

注)月額6000円の自己負担は生年月日が平成9年4月1日以前の方が対象です。平成9年4月2日以降に生まれた方は自己負担はありません。

注)平成9年4月1日以前の生年月日の方は、医療機関等を受診する際は医療券と合わせて「自己負担限度額管理票」を必ず毎回提示してください。提示しない場合、自己負担限度額が確認できないため、当月に既に6000円の自己負担をしている場合でも、支払いが発生します。

届出・申請の方法

■申請書類等配布・申請場所

健康課公害補償係、品川保健センター、大井保健センター、荏原保健センター

制度の詳細は東京都のホームページをご参照ください

申請に必要な書類

■申請に必要な書類

1.認定申請書(申請日前1か月以内に作成されたもの)

2.主治医診療報告書(申請日前3ヶ月以内に作成されたもの)

3.住民票の写し

・品川区に1年(3歳未満は6ヶ月)以上住民票がある方は必要ありません
・複数の住所を通算すると都内居住期間が1年(3歳未満は6ヶ月)以上となる場合は、住民票の除票が必要です

4.健康保険証等のコピー

5.ぜん息の療養に関する質問票(任意提出ですが、今後の環境保健対策に役立てるものですのでご協力をお願いします)

注)気管支ぜん息以外の方はその他の書類が必要な場合がございます

申請窓口・問合せ先

健康課公害補償係 電話:03-5742-6747

(平成30年1月現在)

行政サービスの情報について

  • ※本サービス(以下、ほじょナビ)は、ほじょナビが独自に収集した情報を掲載をしており、各自治体・国等は運営・情報においてなんら関与しておりません。
  • ※信頼できると判断した各種情報を基に作成しておりますが、情報の正確性・完全性を保証するものではありません。
  • ※制度の利用・検討をされる場合は、必ず各自治体・国等のホームページを参照ください。
  • ※詳しくは「ほじょナビ」利用規約をご確認ください。

情報に誤りが合った場合、下記にある「間違い報告」ボタンから申請ください。
確認の後、速やかに訂正いたします。

この情報を友達に教える

コメント(0)

もっと見る
検索結果一覧へ戻る

ほじょなびアプリなら、通知機能でお知らせするので、最新情報や大事な情報を見逃しません。

App Storeからダウンロード Google Playで手に入れよう